電子ブックレット

歴史と伝統

丹波マンガン記念館再開館~その歴史と再建の意義

ルポ・現場発

日本植民地統治時代、朝鮮半島から強制連行され過酷な労働を強いられた朝鮮人労働者の歴史を伝える「丹波マンガン記念館」。同館は20年間、日本社会に加害の歴史を問いつづけてきたが、慢性的な財政難から2009年、閉館を余儀なくされた。それから2年。多くの人々の協力により再開館を果たした。同館の歴史と再建の軌跡をたどる。

丹波マンガン記念館再開~その歴史と再建の意義

施設を案内する李龍植さん。李さん親子は3年かけて坑道を整備した

 

 
 
 
 

新しい展示

資料館内。記念館は今年1年間日曜のみ開館し、ボランティアガイドもつく


つながりのある記事

Discussion

Comments are disallowed for this post.

Comments are closed.

高校無償化本2

バックナンバー

フェイスブック

月刊イオ編集部公式ブログ:日刊イオ
月刊イオ定期購読のご案内

イベント情報を大募集!!

様々なコリアンイベント情報を大募集!! 地域のごく小さな情報でも是非お寄せ下さい。
[読者投稿フォームへ]