電子ブックレット

スポーツ

ボクシング日本フェザー級王者・李冽理選手、判定勝ちで初防衛

ベルトを守り抜いた李選手

試合後の李選手。チャンピオンとしての意地とプライドで、ベルトを守り抜いた。

朝鮮大学校出身でボクシング日本フェザー級王者の李冽理選手(28、世界ランク14位、横浜光ジム)が6月5日、後楽園ホールで行われた日本フェザー級タイトルマッチで同級1位の天笠尚選手(24、山上ジム)を3—0の判定で下し、見事初防衛に成功した。李選手のプロ戦績はこれで18戦16勝(8KO)1敗1分けとなった。

果敢に攻め込む李選手

自身より背の高い天笠選手相手に、手を休めることなく果敢に攻め込む李選手


つながりのある記事

Discussion

Comments are disallowed for this post.

Comments are closed.

高校無償化本2

バックナンバー

フェイスブック

月刊イオ編集部公式ブログ:日刊イオ
月刊イオ定期購読のご案内

イベント情報を大募集!!

様々なコリアンイベント情報を大募集!! 地域のごく小さな情報でも是非お寄せ下さい。
[読者投稿フォームへ]