電子ブックレット

文化芸術

1970年代の本棚から

1970年代の本棚から
今年2009年は日本の文豪、松本清張や中島敦が誕生100周年を迎えた年です。2人はいずれも「朝鮮」を題材にした作品を発表しているのですが、そもそも日本文学のなかには、日本の植民地政策そのものや、被害当事者である朝鮮人をテーマにした作品が少なくありません。作家たちは何を考えて「朝鮮」を描いたのでしょうか?そしてどのような作品があるのでしょうか?
一方では、在日朝鮮人が置かれた差別的な境遇はおかしいと、日本社会と真摯に向き合うなかで生まれた良書もあります。―1970年代の、ある本棚を除いてみました。

  • 戦後文学が描いた朝鮮―1945年~1970年代 磯貝治良
  • 松本清張の信念と朝鮮への眼差し 卞宰洙
  • 中島敦と朝鮮 李英哲
  • 在日朝鮮人に向き合った本たち
  • 編集部の本棚から
  • スペシャルエッセイ 沖縄に生きる 目取真俊

1970年代の本棚から 1970年代の本棚から
1970年代の本棚から 1970年代の本棚から

つながりのある記事

Discussion

Comments are disallowed for this post.

Comments are closed.

高校無償化本2

バックナンバー

フェイスブック

月刊イオ編集部公式ブログ:日刊イオ
月刊イオ定期購読のご案内

イベント情報を大募集!!

様々なコリアンイベント情報を大募集!! 地域のごく小さな情報でも是非お寄せ下さい。
[読者投稿フォームへ]